ひょっとして感じていませんか?

ひょっとしたら感じていませんか?


 じっとしていられない、ほかの子とうまく遊べない、日常生活の習慣が身につきにくい…。 手のかかるこんな子は、ひょっとしたら「発達障害」かもしれません。

発達障害は、「脳の機能障害」です。
 周囲の理解や協力があれば乗り越えることができるものですが、場合によっては「がんばれない子」「親のしつけがわるい」などと誤解されることがあります。そんな時でも、その子に応じた適切な手助けをすることにより、本人も自信と幸せを感じ、お母さんお父さんも自信を取り戻して子育てすることができます。
 「障害」という言葉に少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、あなたのお子さんが発達障害であるかどうかの判断はさておき、どうすれば育てにくさが減り、幸せな子育てができるようになるか考えてみましょう。発達障害であってもなくても、子どものことをよく理解し、そしてあなたご自身のこともよく理解できると、子育ても少しずつ変わっていくはずです。

*発達障害についてはこちらのページも参考にしてみてください。 困った行動には意味があるの?
たとえば友達をかんでしまう、ふざけて走り回る、突然いなくなる。
時には黙り込んで頑として動かなくなってしまう。
子どもたちの「困った行動」に、親はどうすればいいのでしょうか。
困った行動には、子どもからのメッセージが込められています。
発達障害がある子もそうでない子も、メッセージの意味は大きく分けて下の4つです。

注目・要求・逃避・感覚この4つの意味
「注目」「逃避」「感覚」「要求」、この4つの意味を上手に伝えられずに子ども自身が困っているのです。おもちゃを使いたい時に「かして」と言えずにお友だちをかんでしまったのかもしれません。
まずは、困った行動の裏にある意味を考え、その子にあったコミュニケーションを教えていくことが必要です。
「困った子」は、「困っている子」だと思ってください。

どんなふうにほめられるのが好き?
どんな風に褒められたい
困った行動を起こしたとき、しかられて気づくことができる子もいますが、逆に行動がひどくなることやパニックになってしまう子もいます。
日ごろからしかられることが多いと「どうせ僕なんて」と自信を失ってしまうこともあります。
そんなときには、困った行動には見て見ぬふりをして、よい行動に誘いながら、少しでもできるのを待ってほめる、という方法がよいでしょう。「あなたのことは大好きだけど、その行動は直してほしい」というメッセージをこちらからも冷静に送り続けることが大切です。
最初はなかなか難しいのですが、ほめて、よい行動を増やすことで、困った行動を減らしていくことができます。また、ほめられれば誰もがうれしいものですが、ほめられ方の好みは人それぞれ。場合によっても違います。大げさにほめられたいのか、静かに認められたいのか。
そっと目を合わせてほほ笑む、体に触れるなど、「ちゃんと気づいてるよ」というサインをその子だけに送ることで満足する子もいます。どんなふうにほめられたいのか、子どもの反応を観察してみましょう。



自分を大切にする気持ちを育てるには?
自分を大切にする気持ちを育てる
発達障害など、支援が必要な子どもたちにとって忘れてはならないのは、彼らの才能を見出し、得意な部分を伸ばすことです。
好きなことや得意なことで認められ、人の役に立つことは、自分を大切にする気持ちを育て、将来の自立につながります。発達障害ではなくても、子どもでも大人でも、それは同じです。
まずはご自身の素敵なところを探してみましょう! 芸術やスポーツ、語学にセンスを発揮する人もいます。数学や歴史など特定の分野が大好きな人もいます。 友だちが多い、いくつものことを同時にできる、ひとつのことをとことん追求する、人一倍強い感受性、やさしさ、正直さ、几帳面さなどを持っているかもしれません。
一人ひとりの素敵なところや資質を発見し、一緒に感動することは、「自分を理解し、自分と異なる人間を理解する」こと。
まずはあなたご自身と、そしてあなたのご家族について素敵なところを探してみてください。 みなさんと子どもたちの人生が、より深く豊かになっていくはずです。



気になることがあるときは…
気になったら早めの相談
検診や幼稚園、保育所などで気づかれることもありますが、子どもの発達で何か気になることや育てにくさを感じたら、身近な相談機関に早めに相談してみましょう。
大変だと感じながら1人で抱え込み、我慢したり、不安なまま過ごしたりすることで受けるストレスは案外大きいものです。 子育てについての支援は早いほど効果がありますし、早く支援を始めるほど、短期間で支援の必要がなくなることが多いのです。
その子が困っていることは何か、自分を大切にする気持ちを育てるにはどうすればいいかがわからないときには、相談機関、支援員、カウンセラーなどと一緒に考えていきましょう。


 主な相談機関

◆ 海老名市役所 障がい福祉課

(障がい者福祉の中心的機能として生活上のいろいろな相談に応じ、 また各関係機関と連絡をとるなど、各種福祉制度の窓口となります。)
所在地:〒243-0492 海老名市勝瀬175-1
電話番号:046-235-4812/4813 ファックス:046-233-5731

◆ 厚木児童相談所

(秦野市、厚木市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村)
所在地:〒243-0004 厚木市水引2-3-1
電話番号:0462-24-1111(代表)ファックス:0462-25-1735

◆ 県北地域児童相談所

(大和市)所在地:〒252-0206 相模原市淵野辺2-7-2
電話番号:042-750-0002(代表)ファックス:042-750-0766

また、私たちスクスクもご相談に応じます。困っているお子さん、困っているお母さんお父さんたちが、毎日を少しでも楽しく幸せに過ごすことができるよう、できる限りの応援をさせていただきます。

まずはメール、またはお問い合わせフォームから、どうぞお気軽にご連絡ください。
 
お問い合わせフォームはこちら メール: info@suk-suk.com
ページのトップへ戻る