児童発達支援・放課後等デイサービスとは

児童発達支援事業

0才から小学校入学前の未就学児が対象となります。制度としては放課後等デイサービスと同じですが、自治体の担当部署が異なることがあります。

放課後等デイサービス

小学生から高校生までの障がいをお持ちのお子さんが対象です。ただし、必ずしも障害者手帳や療育手帳などの交付を受けている必要はありません。基本的には、そのお子さんに「療育が必要かどうか」で判断されることになります。お住まいの自治体による判断となりますので、詳しくは各自治体にお問い合わせください。


サービス内容

お子さんごとに個別支援計画を作成し、必要な療育を行います。お子さんの発達段階に合わせ、ボーネルンドの遊具を使用したからだあそびなどに熱中してもらい、こころ・あたま・からだの発達のバランスを整えることを支援の中心としています。


施設内

ページのトップへ戻る